桝一市村酒造場の歴史History

創業

宝暦5年(1755)

1755年(宝暦5年)の創業当時の蔵(上の蔵)を現在もそのまま酒造りに使っています。

葛飾北斎を招く

天保13年(1842)〜嘉永元年(1848)

当蔵の12代当主の高井鴻山(市村三九郎)は小布施の文化人であり、葛飾北斎を江戸から3度も招き、パトロンとして葛飾北斎の生活や創作活動を支えました。上町祭り屋台が完成した際に下戸だった北斎と共にお酒を酌み交わしたそうです。

小布施果実加工
株式会社
(現・小布施堂)
を設立

大正13年(1924)

明治時代に入ってからは塩問屋・なたね油・お茶をやめて酒造業のみとなり、大正13年に小布施果實加工株式会社(小布施堂の前身)を設立します。

共同瓶詰体制の時代に

昭和(1926~1989)

昭和17年に交付された企業整備令により、「櫻川」は製造中止になってしまいました。高度経済成長期の時代に入り、親戚で交流のあった6社の造り酒屋で共同出資し雲山銘醸株式会社(共同瓶詰工場)を立ち上げ、1959年に共同銘柄の「雲山」を醸造し始め、それに伴い「白金」の醸造を一旦、休止します。

共同瓶詰体制から
独自銘柄製造に戻り
木桶仕込みの復活へ

平成(1989~2019)

1990年に入り高級の大吟醸酒「碧漪軒」「鴻山」をきっかけに桝一の独自銘柄の酒を醸造を開始し始めます。その後、1997年にその当時、居た外国人の取締役による大改革で「白金」の復活・販売店舗の改装と飲食店舗の建築します。それまで醸造していた「雲山」をやめて、新銘柄を作り始めます。昔の酒造りの原点に戻るという意味と屋号の□一(ますいち)を英語に当てはめ、「スクウェア・ワン」を醸造します。
代表銘柄だった「白金」を当時と同じ酒造米「金紋錦」を使い、木桶仕込みで復活させました。2000年に木桶を使って酒を仕込むことは日本で初めての復活でした。
その後もち米を使って仕込んでいた「櫻川」を改名し「州」として復活させ、どぶろくをイメージした「ろく」を醸造し、様々な個性豊かなお酒が増えてきました。
2018年になり高精白の(20%)の純米大吟醸生酒「応龍」を醸造開始し、今現在も木桶仕込み純米酒を主に少量生産しています。

酒造りの歩みを
続ける

令和(2019~)

新時代になり、自然災害や新型コロナウイルスが感染拡大し先行きが読めなくなっています。桝一が江戸時代から絶えまなく酒造りを続けてこれているのは、お酒を買ってくださったお客様、事業を推進してきたご先祖様、お酒造りと販売してきた従業員のおかげです。 今後も昔の製法を大事にしながらも、新しい酒造りに挑戦していきたいです。

商品のご注文方法

ご注文は、無休で受け付けております。
商品はご注文後、5日程度でお届けします。
ご注文内容によっては、当方よりご確認の連絡を入れさせていただく場合もございます。

詳しくはこちらをご覧ください。

お支払い方法

代金引換とクレジット決済とコンビニ決済を
ご利用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

配送について

配達会社について

ヤマト運輸の宅急便でのお届けとなります。

配達地域について

日本国内のみの配送となります。

送料について

クール便 1,100円(沖縄は2,200円)
送付先1箇所につき1万円以上で送料無料

詳しくはこちらをご覧ください。

店舗営業時間

午前9時30分 ー 午後5時00分

返品・交換について

お客さま都合による返品依頼

お客さま都合による返品依頼は原則として購入製品の返品・交換はできかねます。

製品の瑕疵(欠損・破損)に基づく返品依頼及び、製品の品違いによる返品依頼

製品の交換・代替品がない場合は、代金返済いたします。(送料当社負担)製品到着後、8日以内にお問い合わせください。